福薗 恵子

ふくぞの けいこ

「身近な自然」「足元の自然」を入り口に、その「奥」に広がる自然の面白さや奥深さををひもとく環境教育を実践しています。

乳幼児期からの自然体験の普及に努め、自然にあまり興味のない親子をそそのかしては、森に連れ出す活動を続けています。

拾い物が好きで、自ら集めたタネ・羽・ホネ・うんこなどの「自然のカケラ」を使った出前授業も展開。自称Uncologist(うんコロジスト)。

http://wakutane.blog.jp/
タイトルとURLをコピーしました